審査なしカードローンで借入する

【審査なしで借入できるカードローンはある?|審査なし即日キャッシングの極意】

 

お金を借りなければならないとき、皆さんはどのような方法を思い浮かべるでしょうか?キャッシングの方法が多様化された現代、単にお金を借りると言えども様々な方法があります。銀行、消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠など、業者もシステムも多岐にわたりますが、借入れをする際には必ず審査を受けなければなりません。
中には事情があり、『審査無しで借入れをしたい』という方もいるでしょう。そのようなカードローンはあるのか、本日は解説していきます。

 

審査無しのカードローンは存在するか

結論から言います。そんな業者は存在しません。ただしこれには多少の説明が必要になります。
カードローンは利用者が返済することを前提にした金融商品です。無審査で嘘がつき放題の状況では、カードローンのシステム自体が成立しないのです。業者も金利による利益が出せないのであればただの奉仕活動になってしまいますので、このことはすぐに理解できると思います。
ではどのような説明が必要なのか。実際に『審査無し』を謳っている業者へ対する注意です。宣伝文句に審査がありませんと掲げている業者があれば、誇大広告となり法律違反となります。正規の業者であれば絶対に取れない手法です。ここまで言えばお分かりでしょう。審査無しを謳う業者=違法業者です。俗に言う闇金で間違いありません。法外な金利を請求されることはもちろん、個人情報の漏洩や詐欺の関与など、闇金を利用したときのリスクは計り知れません。お金の借入は返済で消すことができます。しかし人生を壊されてしまっては元に戻すのは不可能です。こうした違法業者を利用することは絶対にやめましょう。

 

そもそも審査に通らない原因は?

カードローンの審査基準は業者によって異なります。しかし同一の業界でありますので、大枠の部分は同じ判断基準を持って審査をしています。ここでは審査に通らない原因にはどのようなものがあるか解説していきます。
以下に主な原因となる自由を4つ挙げますので参考にしてください。

 

個人の信用情報に事故歴がある

世間で言われる『ブラックリスト』と言うと分かりやすいかもしれません。自己破産・債務整理・長期延滞・強制解約などの前歴がある場合、最大5年間は個人の信用情報に事故歴として記載されます。これが記載されている期間は審査に通ることはまず不可能と思ってください。
個人の信用情報と言えど、自分で調べるにはあまり手段が多くありません。プロミスやアコムなど、信用度の高い大手の会社に審査申し込みをしてみることで把握しましょう。

 

収入が不安定

これは収入が高いか低いかではありません。将来的にも継続して収入を得る見込みがあるか否かということです。たとえ年収が低めでも、サラリーマンや公務員など収入が途絶えにくい職業の方が審査には通りやすくなります。投資や賭け事を生業としている方もいますし、非常に高い年収を得ている方も少なくありません。しかし月単位の収入が確約されていないため、安定収入とは見られず審査を受けるうえでは不利になる場合があります。

 

総量規制の上限到達

消費者金融やクレジット会社などの総称を『貸金業者』と言います。これらの貸金業者は運営の法律上、利用者の年収の3分の1までしか貸し出しを行うことができません。一部の銀行では2分の1という基準に当てはまるところもありますが、基本的に年収の3分の1をすでに借り入れている場合はそれ以上の融資は受けられないと覚えておきましょう。そこを無視して貸し出しを行う業者は違法業者となりますので利用は避けてください。

 

多くの業者を同時利用している

他業者からの借入額や件数が多いと、審査段階で多重債務者と判断される可能性が上がります。多重債務者の特徴として借金を借金で返済してしまうというものがあります。よって返済能力に難ありという見方をされ、審査段階で厳しい状況になってしまうことがあります。

 

審査通過のためのコツ

審査無しのカードローンが存在しない以上、上記の4つに見られるような原因を排除し、審査を通過しやすくする方法を選ばなければなりません。さらに、お金を借りる必要があるということは、多くの場合がノンビリとしている時間がないことを指しています。必要が無いのにお金を借りる人はなかなかいませんし、本当にお金が必要な場合はすぐにキャッシングできなければ意味が無いのです。こういった状況を踏まえたコツは2点あります。

 

1つめは、銀行よりも消費者金融を選択すること。カードローンの審査は低金利なほど厳しめに行われます。銀行系のカードローンは消費者金融よりも低い金利で融資を受けることが可能となりますが、審査の段階では大きくハードルが上がります。時間の無い場合にいくつもの銀行に融資申し込みをしていては効率がとても悪くなってしまいます。最初から審査基準が銀行ほど高くない消費者金融を選択することが賢い選択と言えるでしょう。

 

2つめは、『審査通過率』を公表している業者を利用すること。消費者金融の中には審査後の融資成約率を公表しているところがあります。高いところでは5割近い成約率を公表している業者もありました。公表・非公表は業者によりますが、これは裏を返せば非公表の業者はそれだけ通過率が低いのかもしれないと受け取ることができます。企業戦略は様々ですが、受け手側の考える力を活用した方法を模索したいものですね。

 

おすすめのカードローンは?

ではどのような業者がおすすめなのか、最後にご紹介します。前項でお伝えしたコツを活かすのであれば3社、プロミス・アコム・SMBCモビットです。どの業者も業界最大手の部類で信用度が抜群であり、さらに即日融資を受けることが可能です。
審査無しの甘い言葉で違法業者に騙されず、賢い借入れを行ってくださいね。